2017/05/07 04:32

世間一般では、「占いをやっている」=「占い師」という図式だろう思うけれど、実際には

鑑定で人を占う「現場重視派」と

占いの理論が好きで、研究をメインにしている「研究派」

に分けることができる(気がする)。

ちなみに自分は、「やや研究寄りの現場派」かな?

どちらが良いということではなく、どちらも必要。

研究無き現場は「経験と勘」になってしまい、

現場無き研究は「頭でっかち」になってしまう。

「鑑定」と「研究」は占いの両輪であり、どちらもおろそかにしてはいけない。