2017/07/20 22:39

こんばんは。
草堂です。



ちと重めですが、最近感じていること。
(占いはあんまり関係ありません^^;)


もしかしたら、特に日本で顕著なのかもしれませんが、いわゆる「一般的な人生モデル」というのがありますよね。


中流家庭に生まれ

高校までを地元で過ごし

大学進学時に独り暮らし。

就職し

20代後半から30代前半に結婚

結婚して3年以内に第一子、


みたいな(あくまで例です)。


日本人は中流意識が強いと言いますが、言い換えると「自分は普通だ」という意識が強いのかもしれません。


この「普通」というのがくせ者で、自分の人生にない、接したことがないもの=「普通はないもの」と思い込みがちなんですよね。


例えば、 上記の人生を送ってきたAさん。

同僚との飲みの席で、

「○○さんて知ってる?性格悪いなー、って思ってたけど、両親が離婚してるんだって。
やっぱり片親だとダメなのかね~」


「最近セクシャルマイノリティってテレビでやってたんだけど、同性過ぎになるなんて考えられないよね。少なくとも、近くには寄ってきて欲しくないね(笑)」


「自殺っていうのは、心が弱い人がするもんだよ。死ぬ気で周りに抵抗すれば良いのに、逃げだよ逃げ。」


と言ったとします。


Aさんに悪気はなく、同じ会社の同期=自分と同じような人生を歩んできたんだろう、という無意識の思い込みがあるのかもしれません。


同僚の父親が、小さい頃に自殺しており、母親に女手ひとつで育てられたとか


実は同期がセクシャルマイノリティで、Aさんに好意を持っているとか


そういった可能性を、想像することができない。

全くの無自覚のうちに、他者を酷く傷つけてしまう。


「当たり前」とか「普通」というのは、そういった危険性を秘めています。




例えば僕が鑑定するとき。

よくある恋愛相談でも、性別は確認するようにしています。

女性のご依頼者様に「気になる人がいて…」と言われても、相手が男性とは限らないですからね。

「もしかしたら」という想像力は大事です。


同僚、友人、SNSのフォロワー。

意外と、マイノリティの人は身近にいます。



「何故か最近、避けられてる」となる前に、気をつけましょう。